電池持ちを長くするには

  • はじめに
  • wena wristの利用しない機能をオフにすることなどにより、電池の持ちを長くすることが出来ます。
    ここでは電池持ちを良くするための設定を紹介します。
  • Bluetooth接続設定
  • 【設定内容】
    スマホが近くに無い時など、15分間接続できない時のwena wristの動作の設定です。
    電池持ちを長くするには、Bluetooth接続設定を "自動で単体モードに遷移する" にします。
  • 【設定方法】
    wena wristをスマホと接続した状態でwenaアプリを起動し
    「設定アイコン」->「設定」->「Bluetooth接続設定」から設定します。
  • 【効果】
    "iPhoneを探し続ける" にして接続ができない状態が続くと、接続時と比べて 1.5 ~ 3 倍の電力を消費しますが、上記内容で設定をするとこれを防ぐことが出来ます。
  • 歩数計測機能オンオフ設定
  • 【設定内容】
    歩数を計測するログ機能の有効化/無効化の設定です。
    歩数機能計測機能をご利用されない方は、歩数計測機能をオフにすると電池持ちが長くなります。
  • 【設定方法】
    wena wristをスマホと接続した状態でwenaアプリを起動し
    「設定アイコン」->「設定」->「アクティビティ設定」->「歩数計速機能」から設定します。
  • 【効果】
    歩数計測機能オフはオンと比較して約2倍(2週間)の電池持ちになります。
    ※通常モード8時間、単体モード8時間、おやすみモード8時間で使用した場合
  • おやすみモード設定
  • 【設定内容】
    おやすみモードは、電子マネー機能のみ使用できる省電力モードです。
    電子マネー機能のみをお使いの方は設定時間を最長にすることで電池持ちを長く出来ます。
    ※iOS:0:00~23:50, Android:0:00~23:59
  • 【設定方法】
    wena wristをスマホと接続した状態でwenaアプリを起動し
    「設定アイコン」->「設定」->「おやすみモード設定」から設定します。
  • 【効果】
    約1ヶ月の電池持ちでお使い頂けます。
    ※充電残量が多い時には減り方が早いように見えますが、トータルでの電池持ちは変わりありません。
一番上にスクロールする